石川県 教職員の多忙化改善に向けた取組方針について

教職員の負担軽減ハンドブック2

北海道、東北とみてきた各地方の教職員の働き方改革。関東と並行して北陸を見ていきます。今回は石川県を取り上げます。

保護者・地域への理解が必要

学校現場での働き方の見直しを進めています 保護者・地域向けリーフレット
学校現場での働き方の見直しを進めています

石川県教育委員会では、上記のようなリーフレットを配布し、保護者・地域への協力を促しています。非常によくまとめられており、学校関係以外の関係者への理解・協力を深めるのに効果的だと思われます。保護者が心配するのは、教員の勤務時間が今までより削減されることで、教育の質が低下しないのか?ということでしょうが、教職員の働き方改革は教育要綱にある通り、従来の量を教える教育から、質を高める教育をシフトするために必要な施策であるため、このようなリーフレットは必須と言えるでしょう。

平均時間外労働時間で過労死ラインに

教職員の多忙化改善に向けた取組方針 残業推移
教職員の多忙化改善に向けた取組方針

石川県での時間外勤務の統計をピックアップします。中学校教員の平均74.2時間の時間外労働は他県を圧倒しているといえますし、平均がかろうじて過労死ラインに届かなかったのは、夏休み期間の時間外労働が短かったことで、他4か月は平均値で80時間を超えている状況でした。

教員同士のコミュニケーション・教育が必要

教職員の多忙化改善に向けた取組方針 データ
学校現場での働き方の見直しを進めています

上記のリーフレットからまとめられたデータからは以下の3つのことが想定されます。

  • 中学校特有の環境により時間外労働が定常化している
  • 役職・責任が増える(仕事ができる)ほど、時間外労働が発生する一方で、ベテランは時間外労働を削減する傾向にある
  • 若手は、ベテランからのスキル継承が必要。

中学校の定常化する時間外労働の問題を改善するには、サポートスタッフや人員増強などの予算を投じる必要がありますが、他2点はコミュニケーションや教員同士のOJTなど、お互いに技能向上できる環境が整うとある程度改善が進むのではないでしょうか。もちろん、自身の業務が多忙すぎると他者に物事を教える・教わる時間の確保は難しくはなるでしょうが、今後の働き方改革を進めていくなかでも、意味・意義のあるコミュニケーションを行える場を設けるのは必要だと考えられます。しっかりと可視化されたこともあり、若手とベテランでのペア業務も実施されています。

業務改善事例集 情報共有
業務改善事例集
業務改善事例集 ディスプレイ
業務改善事例集

なお、最新のデータでは各学校とも削減傾向にありますが、依然、中学校の平均時間外労働は80時間を超えているようです。

教職員勤務時間調査の集計結果 平成30年4月~6月 鋼種別
教職員勤務時間調査の集計結果 平成30年4月~6月

高い学力指数を維持するために

上記は全国公立小学校6年生、中学3年生を対象にした学力テストの2018年統計です。石川県の正答率66.8%に続き、秋田、福井、富山と続いています。これら上位自治体においては、教育の質を下げることなく改革を進めることが非常に困難ながらも、重要視されます。

学校現場は教職員の情熱と献身的な努力に支えられている面が多々あり、こうした多忙 な勤務状況を見直さなければ、教職員が疲労や心理的負担を過度に蓄積して心身の健康を 損い、子供たちと真摯に向き合うことが出来なくなる恐れがあり、さらには教職員を志望 する優秀な人材の確保が困難になることが危惧されます。ひいては全国的にも高い本県教 育の水準を維持することが困難になる可能性があり、将来的に本県の教育力が低下するこ とにも繋がりかねません。

教職員の多忙化改善に向けた取組方針

勤怠管理と勤務時間可視化の違いとは

文部科学省 学校における働き方改革特別部会の調査の結果「『労働時間を正確に把握すること』が、「残業時間の減少」、「年休取得日数の増加」、「メンタルヘルスの状態の良好化」に資する。」と報告しています。
このことから、学校の働き方改革の実現のために、ICTによる勤務時間の可視化は重要な要素です。
NoverTiは、教職員個人、学校、教育委員会の3つの視点で、教職員の属性に基づいて分析できます。
教職員個人はご自身のことを、学校の責任者の方は自校の教職員の働き方を、教育委員会の担当者の方は管轄する学校の働き方を様々な属性から分析し、対策へと繋げられます。
レポートをクリックするだけで様々な切り口で自動で分析・集計できるので、勤務時間を記録するだけの運用よりも、ICTにより成果の見える働き方改革を日々実施できます。

詳細は下記ページの右下ポップアップからカタログをダウンロードください。


カタログをダウンロード

コメントを残す

*