勤務時間管理が必要な本質的な理由と解決に向けて

NoverTiロゴ

2018年以降、導入率100%を目指す統合型校務支援システムは、2017年3月時点で48.7%となっており、このICT化に対して 2018~2022年度までの5年、1,805億円/年の地方財政措置を講じることが文部科学省より発表されています。

続きを読む

教育委員会から学校をタイムリーに支援する遠隔会議の仕組み

Microsoft Teams

前Post 文科省働き方提言に対するICT活用シナリオでは、43項目のうち16領域、8シナリオがICT利活用により働き方改革の効果が期待できるとされました。本Postでは、タイトルの通り遠隔会議とそのツールについて掘り下げていきます。

文科省提言からの抜粋

遠隔会議が期待できる領域として下記が挙げられます。

続きを読む

勤務時間管理の現状と在り方について

NoverTiサムネイル

2017年(平成29年)11月6日、文部科学省 学校における働き方改革特別部会から「勤務時間管理の現状と在り方について」と題した勤務時間管理の効果について報告がありました。ここでは、「どのように管理すればよいか」、「どのような管理が必要か」、「管理するとどうなるか」を見ていきます。

続きを読む